建設業許可と経営事項審査(経審)の専門サポート・サイト。神奈川県の横田行政書士事務所が運営しています。

経審の評点(Y)

経審の評点(Y)

>>>経審の評点概要』に戻る

経営状況評点(Y)

 8指標の数値(Y1~Y8)を基に経営状況点数(A)を求め、その経営状況点数(A)
 を経営状況評点(Y)の式に代入して計算します。

経営状況点数(A)=-0.4650×(Y1)-0.0508×(Y2)+0.0264×(Y3) +0.0277×(Y4) +0.0011×(Y5) +0.0089×(Y6) +0.0818×(Y7) +0.0172×(Y8)+0.1906(小数点第3位を四捨五入)

経営状況評点(Y)=167.3×経営状況点数(A)+583(小数点以下、四捨五入)

経営状況評点(Y)の8指標

4要素記号8指標算出式上限値下限値
請負 
抵抗力
Y1純支払利息比率(支払利息-受取利息配当金)×100/売上高-0.3%5.1%
Y2負債回転期間 (流動負債+固定負債)/(売上高÷12)0.9ヵ月18.0ヵ月
収益性
効率性
Y3総資本
売上総利益率
売上総利益×100/総資本(2期平均) ※163.6% 6.5%
Y4売上高
経常利益率
経常利益×100/売上高 ※25.1%-8.5%
財務 
健全性
Y5自己資本対
固定資産比率
自己資本×100/固定資産350.0%-76.5%
Y6自己資本比率自己資本×100/総資本68.5%-68.6%
絶対的
力量 
Y7営業キャッシュ
フロー
営業キャッシュフロー(2期平均)/100,000 ※3
営業キャッシュフローの額は、千円単位
15.0億円-10.0億円
Y8利益剰余金利益剰余金/100,000 ※4
利益剰余金の額は、千円単位
100.0億円-3.0億円
 ・Y1~Y8の計算結果は、小数点第4位を四捨五入する。

 ・Y1~Y8の数値が上限値を超える場合は上限値、下限値に満たない場合は下限値とみなす。

 ※1 総資本(2期平均)の額は、基準決算とその直前期決算の平均の額とする。
    ただし、その平均が3,000万円に満たない場合は、3,000万円とみなす。
    個人の場合の売上総利益の額は、完成工事総利益の額とする。

 ※2 個人の場合の経常利益の額は、事業主利益の額とする。

 ※3 営業キャッシュフロー=経常利益+減価償却実施額-法人税住民税及び事業税+貸倒引当金
    (長期を含む、正の数値で計算)増減額-売掛債権(受取手形+完成工事未収入金)増減額
    +仕入債権(支払手形+工事未払金)増減額-棚卸資産(未成工事支出金+材料貯蔵品)増
    減額+受入金(未成工事受入金)増減額
 
 ※4 個人の場合の利益剰余金は、純資産合計の額とする。

>>>経審の評点概要』に戻る





                      フリーダイヤル 横 田 行 政 書 士 事 務 所
                      フリーダイヤル0120-161120

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional